登録
ようこそ 
登録情報を変更する




マンチェスター・ユナイテッド専門ニュースサービス

ニュースカテゴリー
・・より検索
・・へ検索

特集

05/02/2010 
ページ 1 / 7 次へ » 

カーリントン10周年記念インタビュー

マンチェスター・ユナイテッドのトレーニング場であるカーリントン開設から10周年を迎え、現場監督がカーリントン建設当時を振り返っている。

マンチェスターの街が新世紀を迎えた頃、ユナイテッドも新しい時代の幕開けを迎えていた。

クラブの何百万人というサポーターはそれほど実感してはいなかったかもしれないが、選手やスタッフたちにとっては、2000年にユナイテッドの練習拠点がサルフォードからトラッフォードへ移ったことは飛躍的な変化だった。

運営管理者のクライヴ・スネルにとって、21世紀の最初の数週間は非常に印象深いものになったようだ。彼は、現在ではカーリントンとして知られるトラッフォード・トレーニング・センターが、開設初日からスムーズに機能するよう管理する責任を負っていたのだ。
「同じ仕事を10年間も続けたのだから、かなり長かったはずなのだが、あっと言う間だったように感じている・・・・・・私自身、楽しんでいたのだろうね」と、クライヴは言う。

「カーリントンで働いていた全員が同じ気持ちだったんだと思う。ここで働く人たちの親しみやすさには、本当に助けられたよ。多くの選手やコーチたちが、この10年間で入れ替わりはしたのだがね。しかし、それ以外の部署の人たちはほとんど変わらなかった」

「アレックス・ファーガソン監督ももちろん、この10年間の最初から最後までを見届けた1人なわけだが、他にもそういった人たちがたくさんいた。オールド・トラッフォード関係者として30年間も勤めていたケース(・フィップス)は

ページ 1 / 7 次へ »