登録
ようこそ 
登録情報を変更する




マンチェスター・ユナイテッド専門ニュースサービス

ニュースカテゴリー
・・より検索
・・へ検索

特集

25/12/2010 

ユナイテッドの名選手:メレディス

クラブ史上最高の選手としてノミネートされた20選手を映像付きで紹介する第5回目は、ビリー・メレディス。

ユナイテッド初期のスーパースターであるメレディスは、30年にもわたってキャリアを続け、その名を広くとどろかせた。

昔も今も、彼のようなプレーヤーにはなかなかお目にかかれない。華奢な身体から繰り出される神がかり的なドリブルを武器に、メレディスはユナイテッドに最初の栄光をもたらした。

アーネスト・マングノール監督の下、1908年にリーグ初優勝、1909年はFAカップ優勝、また1911年には再びリーグの頂点を極めた。50歳まで選手生活を続けたことでも知られる。

"Old skinny(「痩せっぽちのベテラン」の意)"と親しみを込めて呼ばれたメレディスは、爪楊枝を加えてプレーしたというエピソードがある。

また、ユナイテッドでプレーを始める前のマンチェスター・シティー時代には、試合の勝敗を巡る買収行為により、処分を受けたこともあった。

ページ 1 / 2 次へ » 


ビリー・メレディス

出場数:335試合
ゴール数:36得点

前所属クラブ:マンチェスター・シティー
デビュー:1907年1月1日 対チャールトン・アスレティック
退団:1921年5月7日

獲得タイトル:リーグ(1907-08、1910-11)、FAカップ(1908-09)