登録
ようこそ 
登録情報を変更する




マンチェスター・ユナイテッド専門ニュースサービス

ニュースカテゴリー
・・より検索
・・へ検索

特集

「アンフィールドでの2ゴールは今でも鮮明に覚えている。その頃は出場機会に恵まれずちょうど辛い時期だったんだ」

「試合後、一番に祝福しに来てくれたのはガリー・ネヴィルだった。ガリーは僕の目を見て、『君はみんなの記憶にしっかりと刻み込まれるよ』と言ったんだ。あの言葉は忘れられない」

― ディエゴ・フォルラン

MANUTD.COM The Official Website

Please upgrade to the latest version of Flash Player
Once the new Macromedia Flash Player has been installed,
please revisit the site in a new browser window.

01 December 2010  Report by James Tuck
ページ 1 / 2 次へ » 

この日に:フォルランの2ゴール

「ウルグアイ人ストライカーに、リヴァプールが震え上がった」。そんなチャントが今でもユナイテッドサポーターから湧き上がる。リヴァプール戦で素晴らしい2ゴールを決め、ユナイテッドの歴史にその名を刻んだディエゴ・フォルランを称える歌だ。

フォルランはオールド・トラッフォードでの最初の2年間、辛い時を過ごした。しかし8年前の今日、2002年12月1日に出場したリヴァプール戦を境に、ユナイテッドのサポーターの心をわし掴みにした。

現在アトレティコ・マドリーでプレーするウルグアイ代表FWは当初、プレミアリーグではほとんど無名に近い選手だった。しかしこの試合が64分を迎えたとき、それが一変する。リヴァプールのGKイェジー・デュデクが犯したイージーミスから、フォルランが先制ゴールを奪ったのだ。

そしてそのわずか3分後、ライアン・ギグスからパスを受けたフォルランが再びゴール。追加点をもぎ取った。

終盤にはサミ・ヒューピアにゴールを奪われるが、2-1で逃げ切り勝利。最終的にリーグタイトルはユナイテッドの頭上に輝き、リヴァプールは5位に沈んだ。

ページ 1 / 2 次へ »