登録
ようこそ 
登録情報を変更する




マンチェスター・ユナイテッド専門ニュースサービス

ニュースカテゴリー
・・より検索
・・へ検索

特集

さようなら、オーレ

リザーブのオーレ・グンナー・スールシャール監督にとって最後の試合となったニューカッスル戦で、ユナイテッドは5-1と勝利し、去り行く指揮官の有終の美を飾った。

この記事の内容は筆者の個人的な意見であり、必ずしもマンチェスター・ユナイテッドFCの見解を反映するものではありません。
17/12/2010  Report by Steve Bartram

ブログ:旅立つスールシャール監督

リザーブのオーレ・グンナー・スールシャール監督が16日、最後の試合を指揮を執った。今後はFKモルデの指導者として新たに旅立つことになる。

ユナイテッドで14年間過ごしたスールシャール監督だが、ユナイテッドにやって来たばかりの頃は、その名前の発音は馴染みのないものだった。しかしユナイテッドにおいて多くの仲間を作り、成功を手にした。

トレブル(3冠)を達成した1998-99シーズン、チャンピオンズリーグの決勝でバイエルン・ミュンヘンを倒すゴールを決めたシーンは、ユナイテッドのサポーターの心にいつまでも刻まれることだろう。テディー・シェリンガムから回って来たボールを足先で押し込んだあのゴールだ。

スールシャール監督は常にプロフェッショナルであり、人間的にも優れた人物であり続けた。彼が人を大事にすることを思い出させてくれる出来事はたくさんある。モルデで行われた記者会見では、2時間半にも渡って全ての質問に返答した。

また、地元のパブでサポーターたちと触れ合い、200万ポンド(約2億6000万円)をかけてアフリカに学校を10開校した。彼の陽気な笑顔は印象的だった。リザーブチームの監督

ページ 1 / 3 次へ »