登録
ようこそ 
登録情報を変更する




マンチェスター・ユナイテッド専門ニュースサービス

ニュースカテゴリー
・・より検索
・・へ検索

特集

31/08/2010  Report by Stewart Gardner

快勝を収めたユナイテッド

「プレミアリーグに簡単な試合などない」。一体この言葉を何度聞いたことだろう。28日のオールド・トラッフォードの試合で、この言葉ほど空虚に聞こえたものはない。

試合前から予想していたファンは多いかもしれないが、ユナイテッドはウェストハムに3-0で完勝。アヴラム・グラント新監督率いるチームは、チャンスをほとんど作れないまま、敗れ去った。

マン・オブ・ザ・マッチに輝いたナーニの活躍も素晴らしかったが、私はディミタール・ベルバトフとネマニャ・ヴィディッチの見事なプレーを称えたい。MUTVの同僚はベルバトフのパフォーマンスについて、「まるでカントナのようだ」と惚れ込んでいたよ。3点目のジャンピングボレーは美しかったが、彼はこの試合でピッチを縦横に動き回り、その見事なスキルでチームのチャンスを演出することに貢献していた。以前は何かと批判にさらされていたが、現在のベルバトフのプレーを見て、文句を言う者はいないだろう。

守備ではヴィディッチのプレーが光っていた。ウェストハムのストライカー、カールトン・コールを完璧に抑えており、鋭いタックルでこのイングランド代表FWに仕事をさせなかった。コールはヴィディッチの顔を見るのもうんざりしたことだろうし、できればチームメートになりたいと

ページ 1 / 2 次へ » 


ウェストハムを一蹴

「プレミアリーグに簡単な試合などない」。一体この言葉を何度聞いたことだろう。28日のオールド・トラッフォードの試合で、この言葉ほど空虚に聞こえたものはない。試合前から予想していたファンは多いかもしれないが、ユナイテッドはウェストハムに3-0で完勝した」
スチュアート・ガードナー