登録
ようこそ 
登録情報を変更する




マンチェスター・ユナイテッド専門ニュースサービス

ニュースカテゴリー
・・より検索
・・へ検索

特集

10/08/2010 
ページ 1 / 2 次へ » 

ユナイテッドの年になる10の理由

2010-11シーズンがユナイテッドのシーズンになるのは間違いない。その10の理由を挙げてみる。

1. 歴史の重み ― アレックス・ファーガソ監督就任後初のプレミアリーグ優勝を果たしてから、リーグタイトルを2年以上連続で逃したのは1度(2004-06年)だけ。

2. 飢え ― ファーガソン監督は決まってシーズン前に選手たちのタイトル獲得の意欲が十分かを確かめる。しかし、現王者に快勝した8日のコミュニティーシールドを見る限り、今年は鼓舞する必要もなさそうだ!

3. 残念なワールドカップ ― ハビエル・エルナデスを除き、ユナイテッドのW杯出場組は失意を味わった。なぜそれがいいことかって?1) いつも以上に成功に飢えているから。2) たっぷり休めたから。

4. 昨シーズン以上にけが人が出ようがない ― 冬に4バックがまるまる2組も離脱なんてことは2度と起こり得ないだろう。

5. ルーニーに援軍 ― よみがえったディミタール・ベルバトフと新人エルナンデスに計30ゴール以上を期待。

6. 有終の美? ― ライアン・ギグス、ポール・スコールズ、ガリー・ネヴィル、エドウィン・ファン・デル・サールは、スパイクを脱ぐ

ページ 1 / 2 次へ »