登録
ようこそ 
登録情報を変更する




マンチェスター・ユナイテッド専門ニュースサービス

ニュースカテゴリー
・・より検索
・・へ検索

特集

31/08/2010 
ページ 1 / 3 次へ » 

監督コラム:チーム構想について

今シーズンからプレミアリーグのルールが変更になり、25選手を登録し、その中からメンバーを選ぶことになった。

重要なのは、その中に生え抜きの選手を──つまり21歳までの間にフル3シーズンをFA(イングランド・サッカー協会)に登録していた選手という意味らしいが──少なくとも8名は入れなければいけないことだ。海外の選手を買い漁るのではなく、各クラブが自前の選手を育てることを促進するのが目的のようだ。

だが、マンチェスター・ユナイテッドにとっては問題ないことである。少なくとも今シーズンはね。なぜなら、我々にはガリー・ネヴィル、ポール・スコールズ、ライアン・ギグス、ダレン・フレッチャー、ウェズ・ブラウン、マイケル・オーウェン、リオ・ファーディナンド、ジョン・オシェイ、マイケル・カリック、ウェイン・ルーニーがいるからだ。

したがってエドウィン・ファン・デル・サール、トマシュ・クシュチャク、ネマニャ・ヴィディッチ、パトリス・エヴラ、アントニオ・バレンシア、ナーニ、アンデルソン、ディミタール・ベルバトフ、パク・チソン、ハビエル・エルナンデスといった海外のファーストチームの選手を登録することに何ら問題はない。

また、21歳未満の選手に関しては登録数の制限がないので、ダ・シウヴァ兄弟、トム・クレヴァリー、ベベ、クリス・スモーリングといった若手選手に関しても心配はいらない。

ページ 1 / 3 次へ »