登録
ようこそ 
登録情報を変更する




マンチェスター・ユナイテッド専門ニュースサービス

ニュースカテゴリー
・・より検索
・・へ検索

特集

プレミアリーグ
1993年1月9日(土)
オールド・トラッフォールド

ユナイテッド 4
(カントナ 40分、アーウィン 52分、マクレア 53分、パーカー 58分)

トッテナム 1
(バーンビー 88分)

MANUTD.COM The Official Website

Please upgrade to the latest version of Flash Player
Once the new Macromedia Flash Player has been installed,
please revisit the site in a new browser window.

22 April 2010  Report by Joe Perry
ページ 1 / 2 次へ » 

回想:93年トッテナム戦

1993年1月、オールド・トラッフォードにトッテナムを迎えたとき、ユナイテッドはプレミアリーグでアストン・ヴィラと同じ勝ち点で2位に並んでいた。首位にはノリッジ・シティーが勝ち点3差をつけて立っていたが、ユナイテッドはトッテナムに勝利すれば、得失点差でトップの座を奪うことができた。

試合:序盤から攻勢に出たユナイテッドは40分に先制点を奪う。デニス・アーウィンのクロスにエリック・カントナが頭で合わせてゴールネットを揺らした。後半の2点目も、この両選手のコンビネーションから生まれた。今度はアーウィンがカントナのパスに抜け出して、ゴールを奪取。ユナイテッドはさらにブライアン・マクレアが遠目からの一撃で3点目を挙げると、ポール・パーカーもマクレアとのパス交換からユナイテッドでの自身初ゴールをマークした。トッテナムは終了直前にニック・バーンビーが1点を返すのが精一杯だった。

その後:ユナイテッドはこのシーズン、ノリッジとヴィラをかわし、26年ぶりにリーグを制覇した。優勝を決めた5月のオールド・トラッフォードでの試合には、かつてユナイテッドで黄金時代を築いたマット・バスビー元監督も詰めかけた。

ページ 1 / 2 次へ »