登録
ようこそ 
登録情報を変更する




マンチェスター・ユナイテッド専門ニュースサービス

ニュースカテゴリー
・・より検索
・・へ検索

特集

15/09/2009  Report by Amir Rashid
ページ 1 / 2 次へ » 

トルコでの激闘

過去に行われたフェネルバフチェやガラタサライとの対戦で、トルコのスタジアムにおける非常に敵対的な雰囲気をユナイテッドは経験している。

15日、ユナイテッドはトルコリーグのチャンピオンであるベジクタシュと対戦する。この試合の思い出を、今までトルコで経験したどの試合より良いものにすることはできるだろうか・・・・・・

ガラタサライ 0-0 ユナイテッド チャンピオンズリーグ、2回戦第2戦、1993年11月3日
イスタンブールに着くなり受けた、熱心なガラタサライサポーターによる手厚い歓迎、そして「地獄へようこそ」という横断幕を、覚えている人は多いだろう。オールド・トラッフォードで行われた第1戦は3-3の引き分けで終わっており、グループリーグに進出するためにユナイテッドは第2戦で勝たなければならなかった。アリ・サミ・イェンスタジアムは、耳をつんざくような恐ろしい程の歓声に包まれていた。試合はスコアレスドローで終了したが、カッとなったエリック・カントナをはじめとした数人の選手が、地元警察と争う場面も見られた。

ガラタサライ 0-0 ユナイテッド チャンピオンズリーグ、グループリーグ第2節、1994年9月28日
1993-94シーズンの訪問を受け、ユナイテッドは喧騒から離れ、中心地から遠くのホテルに泊まることにした。試合はユナイテッドが支配し、あと一歩で勝利を手にするところだった。アレックス・ファーガソン監督は、この勝ち点1に満足しており、「良い試合だった。堅実なパフォーマンスをすることができた。この状況下での、主審のパフォーマンスも素晴らしかったよ」と、試合後に語っている。

ページ 1 / 2 次へ »