登録
ようこそ 
登録情報を変更する




マンチェスター・ユナイテッド専門ニュースサービス

ニュースカテゴリー
・・より検索
・・へ検索

特集

30/09/2009 
ページ 1 / 5 次へ » 

監督コラム:ヴォルフスブルク戦

我々は30日、ドイツで驚くべき結果を残したチームをオールド・トラッフォードに迎える。

どこからともなく姿を現したヴォルフスブルクは、いつの間にかブンデスリーガの強豪となった。それは、私がアバディーンで監督を務めていたとき、グラスゴーの2チームが支配していたスコットランドのサッカー界に変革をもたらしたことを思い起こさせる。

ここ数シーズン、イングランドのサッカー界における勢力図は、いわゆる「ビッグ4」と、その牙城を崩そうとする幾つかのクラブによって支配されてきた。

そして今シーズンは、新たに多くの資金を手にしたマンチェスター・シティーが積極的な補強を見せ、上位を狙っている。しかし、エヴァートン、アストン・ヴィラ、そしてトッテナムといったクラブを見れば、ビッグ4の牙城を崩すのに必要な一貫性を備えることは、簡単なことではないとわかるはずだ。

しかしヴォルフスブルクは、大手自動車メーカーのフォルクスワーゲンの支援を受け、1997年に1部に昇格したばかりのクラブだ。昨季は初めてドイツ王者の栄冠を手にしたが、彼らはこれまでに何度か降格争いを経験している。

それは、バイエルン、ブレーメン、シャルケ、ハンブルガーSV、そしてドルトムントといったクラブが、その座を明け渡したとも言えるだろう。なぜなら、彼らがドイツのサッカー界における新興勢力だからだ。

ページ 1 / 5 次へ »