登録
ようこそ 
登録情報を変更する




マンチェスター・ユナイテッド専門ニュースサービス

ニュースカテゴリー
・・より検索
・・へ検索

特集

「ギグスは私の考えを超越した存在だね。どうすれば、あれほどのレベルをキープできるのか私には分からないよ」
―アレックス・ファーガソン
03/10/2009 
ページ 1 / 2 次へ » 

監督コラム:サンダーランド

現在サンダーランドでプレーしているキャンベルは、我々がディミタール・ベルバトフを獲得した影響で、昨シーズンはトッテナムへとレンタル移籍していた。

キャンベルはトッテナムではあまり多くのチャンスを得ることができなかった。昨シーズンはそんな状況だったが、ブルースは彼を獲得した。するとどうだろう。キャンベルはカーリングカップではバーミンガムを相手にゴールを決めたんだよ。

ただ、キャンベルは厳しいポジション争いに直面していると思う。サンダーランドでは、ダレン・ベントとケイワイン・ジョーンズが前線でプレーしている。そして、彼らは優れたパフォーマンスを披露しているんだ。サンダーランドでの活躍によって、ベントをイングランド代表に再び招集すべきという議論も生まれているほどだ。

以前、ユナイテッドに所属していた選手が他のチームで活躍しているのを見ると、それを誇りに思うんだ。特に、その選手が監督となって活躍しているとね。サクセスストーリーを聞くとうれしいものだよ。

我々がストークに2-0で勝利し、チェルシーがウィガンに敗れたことで、我々は首位に浮上した。ストークに勝つことは簡単ではない。彼らのホームでの成績は素晴らしいからね。昨シーズン、彼らのホームで勝ったことでユナイテッドは勢いがついて優勝することができた。

この前の試合では、我々は忍耐と落ち着きを見せ、勝利した。最後の30分間でベルバトフとオシェイが決めて勝ち点3を手に入れたんだ。あの試合では、途中出場のギグスがチームの潤滑油となってくれた。

ギグスには年齢は関係ないようだ。それはスコールズも同様だ。野心を常に抱き、成功を求めている。

ページ 1 / 2 次へ »