登録
ようこそ 
登録情報を変更する




マンチェスター・ユナイテッド専門ニュースサービス

ニュースカテゴリー
・・より検索
・・へ検索

特集

「ボルトン戦は厳しい試合になると思っているし、ベストチームで臨むつもりだ」

-アレックス・ファーガソン
17/10/2009 
ページ 1 / 2 次へ » 

監督コラム:ボルトン

ブラックバーン、ストックポート・カウンティ、ウェスト・ブロムウィッチといったチームで指揮を執ってきたメグソン監督は経験が豊富だ。絶対にあきらめずに、困難を乗り越えるための意志は固いだろう。

連勝を8に伸ばしていたユナイテッドだったが、組織的なサンダーランドを前に苦戦し、引き分けてしまった。しかし、我々が好調だということに変わりはない。

トッテナムに勝利した時、ハリー・レドナップ監督はユナイテッドのサッカーは素晴らしいと語っていた。その後のマンチェスター・シティー戦でも、我々は素晴らしいパフォーマンスを見せることができた。特に後半は、6ゴールか7ゴールくらい奪えるんじゃないかと思ったよ。その後のストーク戦も素晴らしかった。

チャンピオンズリーグでは、難所であるトルコでのベジクタシュ戦に勝利し、良いスタートを切ることができた。続くヴォルフスブルク戦でもホームで勝利を収めたよ。

人々の期待にいつも私は困惑してしまう。常に我々には勝利が求められているんだ。しかし、プレミアリーグのチームはどのチームも良いチームであり、ハードな練習を積んで、それぞれに野望を持ってシーズンを戦っている。どのチームにも苦戦する可能性があるんだ。

当然のように、私もユナイテッドが息をもつかせぬ見事な試合展開で勝利してほしいと思いながら試合に臨んでいる。しかし、他のチームは何としてもそれを阻止したいんだ。そうでなければ試合はただ退屈なだけだ。

それから、これを書いている時点ではまだわからないが、各国の代表戦で活躍したユナイテッドの選手たちが、良い形でオールド・トラッフォードに帰ってくることを望んでいるよ。

ページ 1 / 2 次へ »