登録
ようこそ 
登録情報を変更する




マンチェスター・ユナイテッド専門ニュースサービス

ニュースカテゴリー
・・より検索
・・へ検索

特集

29/10/2009  Report by Ben Hibbs

ブログ:オベルタンへの期待

私は元来、1試合を見ただけで選手を評価してはいけないと考えている。だが、カーリングカップのバーンズリー戦で見せたガブリエル・オベルタンのパフォーマンスは、今後に大きな期待を抱かせるものだった。

ユナイテッドファンは彼のプレーに酔いしれたことだろう。繊細なボールタッチ、スピード、仕掛ける姿勢。全てが期待以上のプレーだった。試合後、アレックス・ファーガソン監督はオベルタンについてのコメントを発しなかった。しかし、私は監督が心の中で喜んでいると確信している。オベルタンにとってこの夏は、負傷していた背中の治療に専念するだけのものになってしまった。結果的に18カ月の期間を彼は治療に費やした。

ユナイテッドは無闇に選手を獲得するクラブでないということを、オベルタンは証明した。ユナイテッドのアカデミーのコーチを担当するブライアン・マクレアーは、当時17歳のオベルタンのプレーを見て、感銘を受けたと言っていた。数人のフランス人記者はオベルタンのユナイテッド移籍を驚き、ビッグクラブへ移籍する準備はまだ整っていないと語っていた。だが、バーンズリー戦を見ればそうでもないことがわかる。オベルタンは選手として成長する準備ができている。もちろんまだ20歳だから、成熟するのには時間がかかるだろう。まだまだ学ぶ必要はある。プレ

ページ 1 / 2 次へ » 


ファンを魅了

アウェーの地に乗り込んだファンはガブリエル・オベルタンのプレーに魅了された。そしてオベルタンの応援歌を早くも歌っていた。