登録
ようこそ 
登録情報を変更する




マンチェスター・ユナイテッド専門ニュースサービス

ニュースカテゴリー
・・より検索
・・へ検索

特集

「この10年は素晴らしかったよ。これまで僕をサポートしてくれた監督、チームメート、スタッフ、ファン、家族、そして友人に感謝したい。ユナイテッドという偉大なクラブで多くのタイトルを獲れたことは、本当に素晴らしい思い出だよ」
― ジョン・オシェイ
08/10/2009  Report by Gemma Thompson
ページ 1 / 3 次へ » 

進化を続けるオシェイ

ジョン・オシェイが1999年の10月13日に行われたアストン・ヴィラ戦でデビューしてから、10年の月日が流れた。『インサイド・ユナイテッド』でオシェイにこれまでのキャリアの中で最も印象に残っている10の出来事について聞いた。

1999年8月4日 プレシーズン、ウィガン 0-2 ユナイテッド
オマ・タウンとのプレシーズンマッチで、すでにファーストチームではプレーはしていたんだけど、ウィガン戦でもデイヴィッド・メイに代わってピッチに入ったんだ。大きなチャンスを得たことで、希望に満ち溢れていたね。その後、リーグカップでのアストン・ヴィラ戦でデビューを果たした時は、本当に誇り高かったよ。一方で自分の目が覚めるような感覚を味わった。というのも、チームは0-3で負けてしまったからね。監督の機嫌は正直良くなかったよ。瞬間湯沸かし器の異名を持つ監督だけど、その時は正に沸騰状態にあったね!

2003年4月23日 チャンピオンズリーグ、ユナイテッド 4-3 レアル・マドリー
レアル・マドリーとの試合は驚きでいっぱいだった。何と言ったってマドリーには、ジダン、フィーゴ、ロナウド、ロベルト・カルロスらが在籍していたんだからね。ギャラクティコと呼ばれ、チャンピオンズリーグを制覇していたチームだった。周囲の人はよく僕にフィーゴとのマッチアップはどうだったって聞いてくる。あの時は本能のままに動いていたね。止めるチャンスはあったし、実際止めることができたよ!

2003年5月11日 プレミアリーグ、エヴァートン 1-2 ユナイテッド
僕が初めてタイトルを手にした時の試合だ。今でもあの日のことは忘れられないし、キャリアで最高の瞬間だったと思っているよ。喜びを倍増させた要因は、前のシーズンにタイトルを逃していたことが挙げられるね。

2004年5月22日 FAカップ決勝、ユナイテッド 3-0 ミルウォール
写真の中のカップを掲げているフレッチャーの姿は、まるで10歳の少年のように見えるね! 僕にとっては、この時に勝ち取ったFAカップが唯一のFAカップだから思い出深いんだ。ヴィラパークで行われた準決勝で、ミルウォールはアーセナルを破るという快挙を成し遂げた。だから決勝ではミルウォールに対して最大限の警戒感を持って挑んだんだ。その結果、望んでいたような結果を得られたよ。写真に写っているロナウドも本当に若く見えるね!

ページ 1 / 3 次へ »