登録
ようこそ 
登録情報を変更する




マンチェスター・ユナイテッド専門ニュースサービス

ニュースカテゴリー
・・より検索
・・へ検索

特集

08/10/2009  Report by Steve Bartram
ページ 1 / 5 次へ » 

フレッチャーの変化

レネ・メウレンステーン、トニー・ストルドウィック、マイク・クレッグ。この3人のコーチの指導を受けたダレン・フレッチャーがどのように一流のMFに成長していったのか、振り返ってみよう。

2008年、ユナイテッドはモスクワの地でチャンピオンズリーグ制覇という栄光を勝ち取った。だが、ダレン・フレッチャーはこの栄光を心から喜ぶことはできなかった。雨に濡れたユニホームで歓喜の輪に加わったフレッチャーの心境は複雑なものだった。フレッチャーは07-08シーズンの多くをベンチで過ごした。そのため、フレッチャーがユナイテッドを去るのではないかとの噂まで浮上。しかし、フレッチャーはユナイテッドで活躍するために着々と準備を進めていた。

フレッチャーの新たなシーズンはユナイテッドとの契約延長から始まった。08-09シーズンが開幕する前にフレッチャーとの契約延長を結んだアレックス・ファーガソン監督は「これで一安心だ」と述べている。これ以降、ファーガソン監督はフレッチャーを積極的に試合で起用するようになり、フレッチャーもファーガソン監督の期待に応えていった。現在25歳のフレッチャーはこの18カ月間で見違えるような成長を遂げた。華奢な見た目からは想像できない、その尽きることのないスタミナはファーガソン監督の心をしっかりと掴んでいる。フレッチャーはユナイテッドの中心選手として、素晴らしい活躍を見せてくれている。今シーズン、シティーとのマンチェスター・ダービーでは2得点を決めて、ユナイテッドの奇跡の逆転勝利に大きく貢献した。フレッチャーは今、ユナイテッドで最高の時を過ごしている。

ここまで活躍できるようになった要因は、耐えるということを学んだおかげだろう。フレッチャーとファーガソン監督の間にはゆるぎない信頼関係があった。07-08シーズン、わずか5試合の先発出場にとどまったフレッチャーに、ファ

ページ 1 / 5 次へ »