登録
ようこそ 
登録情報を変更する




マンチェスター・ユナイテッド専門ニュースサービス

ニュースカテゴリー
・・より検索
・・へ検索

特集

19/11/2009  Report by Steve Bartram

OT100:ドラマティックな最後

1927-28シーズンのリーグ最終戦、ユナイテッドは得失点差で降格を免れた。

背景:このシーズン、ユナイテッドは低迷し、残り3試合を残した時点で悲惨な状況に陥っていた。サンダーランドとアーセナルになんとか勝利を収めたユナイテッドは、ファースト・ディヴィジョン(現在のプレミアリーグに相当)残留を懸けた戦いを続けていた。そして、ユナイテッドはリーグ最終戦で、オールド・トラッフォードにリヴァプールを迎えることになったのだ。最下位に沈むバーンリーとの残留争いとなったリーグ最終節は、ユナイテッドの勝利はもちろんのこと、他クラブの結果も重要だった。

出来事:リヴァプール戦では、ユナイテッドの点取り屋ジョー・スペンスがハットトリックの活躍を見せた。スペンスはこのシーズンに24ゴールを記録している。さらに、ビル・ローリングスとジミー・ハンソンがゴールを奪ったユナイテッドは、リヴァプールから貴重な記録的勝利を挙げた。

その後:トッテナムはすでに勝ち点38でシーズンを終えていたため、ユナイテッドとバーンリーに順位を逆転された。また、リーグ最終戦でサンダーランドにホームで敗れたミドルスブラも同様の運命を味わうことになった。ユナイテッ

ページ 1 / 2 次へ » 


リヴァプールに大勝

1928年5月5日、オールド・トラッフォード
マンチェスター・ユナイテッド 6(スペンス 3、ローリングス 2、ハンソン)
リヴァプール 1(ホジソン)
観客:30,625人

ユナイテッド:スチュワード、ムーア、ジョーンズ、マクレナハン、マン、ウィルソン、スペンス、ハンソン、ローリングス、ジョンストン、トーマス

リヴァプール:ライリー、マクベイン、マッキンレー、マクマラン、ジャクソン、ブロミロウ、エドメッド、ホジソン、マレー、ライス、ホプキン

リヴァプールから挙げた印象的な5つの大勝

1928年5月5日―ユナイテッド6-1リヴァプール(リーグ戦)
1946年9月11日―ユナイテッド5-0リヴァプール(リーグ戦)
1953年12月19日―ユナイテッド5-1リヴァプール(リーグ戦)
2007年9月7日―ユナイテッド4-0リヴァプール(リーグ戦)
1952年4月12日―ユナイテッド4-0リヴァプール(リーグ戦)