登録
ようこそ 
登録情報を変更する




マンチェスター・ユナイテッド専門ニュースサービス

ニュースカテゴリー
・・より検索
・・へ検索

特集

18/11/2009  Report by Steve Bartram

OT100:国際的な会場へ

マンチェスター・ユナイテッドのホーム、オールド・トラッフォードが、イングランド・トップディビジョンのスタジアムの一つとして設立されて16年目に、初めて国際試合の会場に選出された。

背景:1911年と1915年に行われたFAカップ決勝でのスムーズな運営が、FA(サッカー協会)に十分な印象を与えていた。1924年の英国選手権でイングランドとスコットランドが激突した際に、ウェンブリーはその押し掛けた観衆を収容しきれず。1926年の同大会ではその他の国際的な会場としてオールド・トラッフォードに協力が求められたのだ。

当時:スコットランドはウェールズを3-0で下し、さらにアイルランドを4-0で撃破。同国がタイトルを確かなものとした一方で、イングランドは2試合をドローで終えていた。試合は、アレック・ジャクソンの早々の先制点でスコットランドがイングランドに勝利。イングランドは、89回中わずか3回しか最下位になっていなかったが、この大会はそのうちの1回に含まれることになった。

その後:今世紀初頭にウェンブリーが再開発され、その間、オールド・トラッフォードでは数多くの国際試合が開催された。そして、オールド・トラッフォードは今も昔と変わらず

ページ 1 / 2 次へ » 


オールド・トラッフォードに宿敵スコットランドを迎えた一戦

1926年4月17日

英国選手権

イングランド 0

スコットランド 1(ジャクソン)

観客:4万9429人

イングランド:テディー・テイラー、ロイ・グッドール、トミー・モート、ウィリス・エドワーズ、ジャック・ヒル、ジョージ・グリーン、ディッキー・ヨーク、シド・パドフット、テッド・ハーパー、ビリー・ウォーカー、ジミー・ラッフェル

スコットランド:ビル・ハーパー、ジョック・ハットン、ウィリー・マクステイ、ジミー・ギブソン、ウィリー・サマーズ、ジミー・マクムラン、アレック・ジャクソン、アレック・トムソン、ヒュー・ギャラハー、アンディ・カニンガム、アレック・トループ