登録
ようこそ 
登録情報を変更する




マンチェスター・ユナイテッド専門ニュースサービス

ニュースカテゴリー
・・より検索
・・へ検索

特集

04/12/2009  Report by Steve Bartram

OT100:ミュンヘンの悲劇

ユナイテッドはミュンヘンの悲劇に直面し、多くの犠牲者が生まれた。そして、その犠牲者はマンチェスター地へ運ばれた。

背景:ユナイテッドの選手たちは、チャンピオンズカップのレッドスター・ベオグラード戦を終えてマンチェスターへ帰還する予定だった。しかし、飛行機は離陸に失敗し大破。選手を含め、21人の死者を出したこの惨事により、ユナイテッドは壊滅状態となった。家に帰らなければいけない犠牲者たちの亡骸は、1958年2月7日の金曜日にマンチェスターへと舞い戻った。

出来事:オールド・トラッフォードは騒然となった。ファンは、この悲劇を受け入れようと努め、クラブの秘書であるレス・オリーヴは精力的に働き追悼式典を開催した。マンチェスターに到着した犠牲者の亡骸は慎重にクラブのジムへと移され、南向きの姿勢で安置され、オールド・トラッフォードで一晩を過ごした。

その後:翌日の朝、犠牲者の亡骸を引き取りにきた親族は、葬式の準備を進めた。犠牲者が埋葬される際には、葬列のために訪れたユナイテッドのサポーターが通りを埋め尽くし、黙祷した。2分間の黙祷は、週末にイギリス全土で行われたすべてのサッカーの試合でも行われた。この時、当然ながらユナイテッドの試合はなかった。だが、ミュンヘンの悲劇から13日後、FAカップのシェフィールド・ウェンズデー戦が開催され、オールド・トラッフォードにサッカーが帰ってきたのだ。