登録
ようこそ 
登録情報を変更する




マンチェスター・ユナイテッド専門ニュースサービス

ニュースカテゴリー
・・より検索
・・へ検索

特集

得点者上位3選手
25ゴール:トミー・テイラー
20ゴール:デニス・ヴァイオレット
9ゴール:デイヴィッド・ペッグ

出場試合数上位5選手
42試合:マーク・ジョーンズ
41試合:レイ・ウッド
39試合:ロジャー・バーン
35試合:デイヴィッド・ペッグ
34試合:ジョニー・ベリー、デニス・ヴァイオレット

MANUTD.COM The Official Website

Please upgrade to the latest version of Flash Player
Once the new Macromedia Flash Player has been installed,
please revisit the site in a new browser window.

24 November 2009  Report by Steve Bartram
ページ 1 / 2 次へ » 

OT100:初タイトル獲得

1956年4月、バスビー・ベイブスがついに初のリーグ制覇を勝ち取った・・・・・・

背景:リーグ戦残り3試合となった段階で、ユナイテッドは2位に付けていたブラックプールをオールド・トラッフォードに迎え入れた。ブラックプールはタイトル獲得を諦めておらず、マット・バスビー率いる若きユナイテッドに必勝態勢で臨んできた。ユナイテッドはこの試合に勝利すると、5シーズンで2度目のタイトル獲得となり、バスビー・ベイブスたちにとっては初めてのリーグ制覇となる。

当時:逆転優勝に燃えるブラックプールは開始わずか90秒で先制ゴールを決める。予想外の展開にオールド・トラッフォードは静寂に包まれた。ユナイテッドはこのシーズン、ホームで落とした勝ち点はわずかに3と、オールド・トラッフォードで絶対の強さを見せていた。その強さはやはりこの試合でも健在で、ジョニー・ベリーがPKを決めて、ユナイテッドが同点に追いつく。そして、トニー・テイラーがシーズン25得点目となるゴールを決めて、ユナイテッドが勝利。見事リーグ制覇を達成したのだ。

その後:ユナイテッドは残りの試合でサンダーランドと引き分け、そしてホームでポーツマスを破り、シーズンを締めくくった。終わってみれば、ユナイテッドは

ページ 1 / 2 次へ »