登録
ようこそ 
登録情報を変更する




マンチェスター・ユナイテッド専門ニュースサービス

ニュースカテゴリー
・・より検索
・・へ検索

特集

07/06/2013  Report by Ben Hibbs
ページ 1 / 3 次へ » 

ギャラリー:チェルシー戦

2000年代に入って以降、チェルシーはユナイテッドの前に大きな壁となって立ちはだかってきた。彼らとの対戦は、常に白熱した死闘となった。ここでは、ここ10年の中で特に印象的なチェルシーとの対戦を当時の写真とともに振り返る。

ユナイテッド 3-2 チェルシー 2000年4月24日
1999-2000シーズン、序盤に行われたスタンフォード・ブリッジでの対戦で、ユナイテッドは0-5で完敗した。だが、オールド・トラッフォードで行われた試合では、ドワイト・ヨークが2点、オーレ・グンナー・スールシャールが1点を叩き出してユナイテッドが勝利した。見事にリベンジを成し遂げ、2000年代最初の対戦で白星を手にした。

ユナイテッド 3-3 チェルシー 2000年9月23日
この試合では6点が生まれたが、これはここ10年の両チームの対戦で、最も多い数だ。この試合では、ジミー・フロイト・ハッセルバインクが早い段階で得点し、チェルシーがリードを奪った。ところが、ポール・スコールズ、テディ・シェリンガム、ベッカムがゴールネットを揺らしたことで、スコアは3-1に。しかし、そのまま試合が終わることはなく、トーレ・アンドレ・フローが2得点したことで、同点となって、タイムアップの瞬間を迎えた。

チェルシー 0-3 ユナイテッド 2002年4月20日
ユナイテッドは、2001年12月にオールド・トラッフォードで行われた試合を0-3で落としているが、スタンフォード・ブリッジでのこの試合では、見事にその時のリベンジを果たした。まず、スコールズのロングシュートがゴールに突き刺さり、その後、ルート・ファン・ニステルローイが華麗に決め、最後はスールシャールがチェルシーに止めをさした。

チェルシー 2-2 ユナイテッド 2002年8月23日
金曜の夜にスタンフォード・ブリッジで行われたこの試合は、スリル満点の一戦になった。前半3分にチェルシーに先制を許したユナイテッドだったが、まずベッカムが決めて同点に追いつく。その後、再びチェルシーに得点されたものの、後半にライアン・ギグスがネットを揺らし2-2で試合終了を迎えた。ユナイテッドは、素晴らしき両翼の活躍により、アウェイで貴重な勝ち点1を獲得した。

ユナイテッド 1-0 チェルシー 2002年12月17日
この頃、好調だったユナイテッドは、ある男の活躍でチェルシーを下す。その男とは、ディエゴ・フォルランだ!リーグ

ページ 1 / 3 次へ »