登録
ようこそ 
登録情報を変更する




マンチェスター・ユナイテッド専門ニュースサービス

ニュースカテゴリー
・・より検索
・・へ検索

特集

02/11/2009 
ページ 1 / 2 次へ » 

ルーニーのデビュー戦

オールド・トラッフォードが100周年を迎える……この100年の中から、印象に残った試合をお届けしよう。

10.ユナイテッド 6-2 フェネルバフチェ 2004年9月28日

ウェイン・ルーニーは、60分間でハットトリック達成という衝撃のオールド・トラッフォードデビューを飾っている。そのうちの2点は、わずか30分の間に挙げたものだ。このルーニーのデビュー戦は、ユナイテッドの歴史の中でもひときわ輝きを放っている。

当時まだ18歳だったルーニーは、デビュー戦でハットトリックを達成したユナイテッドの2人目の選手となり、ユナイテッドでの輝かしいキャリアをスタートさせた。1905年のブリストル・シティー戦でチャールズ・セイガーが達成して以来の快挙を為し遂げたルーニーだが、当初はその能力を疑問視されていた。

10代で2800万ポンド(約41億4000万円)の価値という大きなプレッシャーを背負ったルーニーは、チャンピオンズリーグという大舞台でユナイテッドデビューを果たすことになった。ルーニーは足を骨折して96日間もチームを離れていたのだ。

それでも、このフェネルバフチェ戦を前に、ルーニーに対する期待は大きかった。だが、フェネルバフチェを率いるクリストフ・ダウム監督は、アレックス・ファーガソン監督がイングランドにとって30年に1人の逸材になるだろうと称するルーニーを重要視していなかった。ダウム監督は公式会見で「ルーニーが出場しても何の問題もない」と語っている。しかし、結果はフェネルバフチェにとって散々な内容となった。

ページ 1 / 2 次へ »