登録
ようこそ 
登録情報を変更する




マンチェスター・ユナイテッド専門ニュースサービス

ニュースカテゴリー
・・より検索
・・へ検索

特集

10/06/2013 

3冠:プレミアリーグ

アンディ・コールはオールド・トラッフォードでのトッテナム戦でプレミアリーグ優勝を決め、3冠の最初の一歩を築きあげた瞬間を振り返って次のように語っている。

あの日のことは昨日のことのように覚えているよ。監督には試合の2日前に僕が先発予定ではないことを告げられた。プレミアリーグのシーズン最終日だったので僕らは何としても勝たなければいけなかった

僕はベンチでトッテナムが得点するのを見ていたんだ。しかも、ユナイテッドがチャンスを作りながらも決められずにいたので、徐々に神経質になっていた。でも、僕たちなら巻き返せると思っていたし、実際その通りになった。ベッカムがハーフタイム直前にスーパーゴールを決めて同点に追いつくことができたんだ。

その後、ファーガソン監督がテディー(シェリンガム)に代えて僕を投入した。そして、すぐにガリー・ネヴィルがトッテナムの陣内でボールをカットして、そのボールをエリア内に送ったんだ。

ファーストタッチでそのボールをコントロールしなければならない状況だったけど、それは僕が思っていたようなボールではなかった。その後はほとんど本能で動いていたよ。ボールが僕の目の前で弾み、目の端にはイアン・ウォー

ページ 1 / 2 次へ » 


パート1:プレミアリーグ

1999年5月16日、オールド・トラッフォード

マンチェスター・ユナイテッド 2
ベッカム43分 コール48分

トッテナム 1
ファーディナンド25分

ユナイテッド:シュマイケル、ネヴィル、メイ、ジョンソン、アーヴィン、ベッカム、スコールズ(バット70分)、キーン、ギグス(ネヴィル80分)、ヨーク、シェリンガム(コール46分)
出場機会なし:ファン・デル・ホウ、スールシャール

「私は選手たちを試合の神様に仕立て上げたんだ」
― サー・アレックス・ファーガソン監督

「オールド・トラッフォードに詰めかけた人たちはこの大激戦の結末を目撃したわけだが、これが終わりではない。もし、今後も計画通りに進むとすれば、これは単なる始まりにしか過ぎないだろう」
― オリバー・ホルト記者、ザ・サン紙