登録
ようこそ 
登録情報を変更する




マンチェスター・ユナイテッド専門ニュースサービス

ニュースカテゴリー
・・より検索
・・へ検索

特集

08/05/2009  Report by Steve Morgan
ページ 1 / 3 次へ » 

ブログ:冷酷なユナイテッド

イブニング・スタンダードの最終ページには『大きな力が私たちを貫いた』との見出しが躍り、数あるロンドンの無料新聞の1つは『ミッションは遂行されそうだ』と報じた。

翌日のフィッシュ&チップス用の紙が、7時56分過ぎには勝利を知らせる新聞になった。少数のユナイテッドファンたちは1つになり(「ローマに行くことが決まった」と)大騒ぎしていた。それは1968年や1999年、そして2008年のようだった。一方、誠実なアーセナルファン―つまり、豪華な赤い席を試合終了の30分前になっても離れようとしなかった人たちは、頭をうなだれ、生気のない目をし、エミレーツからノースロンドンの夜の闇へと消えていった。

彼らのシーズンも終わりを迎えた。劣勢を強いられ、多くの得点を奪われた彼らはショックのあまり沈黙し、失望したままホロウェー・ロードへと向かった。そして、試合について話している人は誰もいなかった。ハイバリー&イズリントン駅は、通常アウェーチームにとって悪夢のような場所だが、昨夜は心地よい風が吹いていた。それは「これまでにこのスタジアムで行われた最も重要な試合」(アルセーヌ・ヴェンゲル監督)というのが架空の話でまるで何もなかったかのようだった。

しかし、敗戦は当然の結果だった。ユナイテッドの勝利は正当なものであり、汗と勇気と魂、そして勝利への強い気持ちによって手に入れたものだ。2試合を通しての最終結果は、両チームの力を比較することがまだ早いことを示していた。キーラン・ギブスのスリップはユナイテッドを勢い付かせ、パク・チソンのゴールへとつながり―面白いことに、ムッシュ・ヴェンゲルからエミレーツの芝に関するコメントは聞かれなかった―ホームチームはうなだれた。そして、その3分後にはロナウドのシュートが決まり、アーセナルの『ミッション遂行(ミッション・プロバブル)』は遂行不可能なミッ

ページ 1 / 3 次へ »