登録
ようこそ 
登録情報を変更する




マンチェスター・ユナイテッド専門ニュースサービス

ニュースカテゴリー
・・より検索
・・へ検索

特集

カップウィナーズカップ
3回戦第2戦
オールド・トラッフォード、マンチェスター
1984年3月21日

マンチェスター・ユナイテッド 3
ロブソン 22分、50分、ステイプルトン 55分

バルセローナ 0

チャンピオンズリーグの決勝まで毎日、ManUtd.jpでは過去のバルセローナ戦を振り返っていく予定だ。今回の試合は、右側の画面で見ることができる。

MANUTD.COM The Official Website

Please upgrade to the latest version of Flash Player
Once the new Macromedia Flash Player has been installed,
please revisit the site in a new browser window.

25 May 2009 
ページ 1 / 3 次へ » 

バルサ戦回顧録:1984年3月

ロン・アトキンソン率いるユナイテッドは、カンプ・ノウでの第1戦に0-2で敗戦し、カップウィナーズカップ4回戦進出はほぼ絶望的だった。

「僕たちの夜ではなかった」と、キャプテンのブライアン・ロブソンは嘆いた。「バルセローナは思惑通りに進んだと思っているだろうけれど、僕たちはリードを奪われていても、勝進むことができると信じている」と語った。

彼の言葉は予言的なものだった。唸りをあげる5万8547人に後押しされ、ユナイテッドは第2戦で大暴れを見せた。そして心拍数が限界を超えるような劇的な逆転勝利を引き起こしたのだ。

当時の名誉会長であるサー・マット・バスビーは、「あの試合は、アスレティック・ビルバオから2ゴールを奪った、カップウィナーズカップ初勝利のことを思い出したよ」と語った。

1957年2月、サー・マット・バスビー率いるユナイテッドはカップウィナーズカップ1回戦第1戦で、アスレティック・ビルバオに3-5で敗れたが、第2戦で逆転勝利を挙げている。ユナイテッドとの第2戦で、ディエゴ・マラドーナを要するバルセローナは、リードを守りきれなかった。22分に決

ページ 1 / 3 次へ »