登録
ようこそ 
登録情報を変更する




マンチェスター・ユナイテッド専門ニュースサービス

ニュースカテゴリー
・・より検索
・・へ検索

特集

13/03/2009 
ページ 1 / 3 次へ » 

注目選手:フレッチャー

ダレン・フレッチャーが、今までのキャリアの中で最高の時を過ごしていることには、何の疑いもない。

中盤の中央や右サイドで素晴らしいパフォーマンスを披露し、ディフェンス面でもチームに貢献できる不屈の25歳は、ビッグマッチにおいてその存在感を発揮してきた。14日のリヴァプール戦で起用されれば、間違いなく彼はさらなる成長を遂げることになるだろう。過去にユナイテッドの中盤の司令官として一時代を築いたブライアン・ロブソンは確信している。サー・アレックス・ファーガソン監督にとってかけがえのない選手としてフレッチャーが成熟しつつあると。

「ビッグマッチに出場する才能を持っていない選手も中にはいるものだ。しかしフレッチャーはそうではない。彼は常に成長し続けている。彼は強いメンタリティーを持ち、今シーズンも既にビッグマッチで自身の才能を披露している。チェルシー戦でライアン・ギグスとともに出場した時の彼はベストのプレーを見せた。あれだけ大きなプレッシャーがかかる試合で、2人はプレミアリーグでも最高レベルの中盤を形成していた」

フレッチャーがサー・アレックス・ファーガソン監督に常に起用されるためには、もう少し時間がかかるだろうとロブソンは語っている。しかし、ロブソンが語るように、若い選手が成熟するためには時間がかかるものだ。

「ロイ・キーンを知っている全ての人が、ユナイテッドの中盤の選手に彼のような存在に成長することを期待するだろう。ダレン・フレッチャーが20歳か21歳くらいの頃から、ファーガソン監督は彼が良い選手に成長するだろうと見込んでいた。しかし、その年代で他のハイレベルな選手とプレーするのは難しいものだ。それでも彼はその頃から成長し、今もなお進化し続けている。歳を重ねて成長していくプロセスは誰もが我慢しなくてはならないものだが、フレッチャーは最高の時期に近づきつつあるよ。25歳にして、彼は完成に近づいている。今は自信に満ちているし、全ての人の期待に

ページ 1 / 3 次へ »