登録
ようこそ 
登録情報を変更する




マンチェスター・ユナイテッド専門ニュースサービス

ニュースカテゴリー
・・より検索
・・へ検索

特集

27/03/2009  Report by Adam Bostock
ページ 1 / 5 次へ » 

専門家がユナイテッドを分析

インターナショナルウィーク中でクラブの話題が下火になっている今だからこそ、改めてユナイテッドの現状を振り返り、今後のチーム動向を展望してみよう。

ManUtd.comは3名のユナイテッドに精通する人物に分析を依頼した。1人目はシーズンチケットホルダーであり、歌手のピート・ボイル(PB)。2人目はサンデー・タイムズのジャーナリスト、ジョナサン・ノースクラフト(JN)。そして3人目は元ユナイテッドプレーヤーのデイヴィッド・メイ(DM)である。

インターナショナルウィーク後、終盤戦に向けてユナイテッドはどのようなアプローチで臨むべきでしょうか?

PB:監督は選手たちに自信を持たせるべきだ。決して悪いプレーをして負けているわけではないとね。確かにリヴァプールには勢いがあるかもしれない。しかし、ユナイテッドの選手たちは、逆境から立ち直る術を知っている。我々はリヴァプール戦での敗戦を糧にアストン・ヴィラに勝たなければならない。ただ、ブラッド・フリーデルの退場処分が取り消されことは、少し気がかりだ。彼はトップレベルのGKであり、常に全力で試合に臨むからね。重要なのはベストな11人を選ぶことだ。それに対処できるだけの十分な選手層をユナイテッドは誇っている。だが一方で、継続して同じメンバーを起用することも大事だと思う。

DM:ユナイテッドはアストン・ヴィラ戦を含め、残りの試合で良いパフォーマンスを示さなければならない。私は今の状況を1996-97シーズンの状況に重ねている。サウサンプトンに3-6で敗れ、ニューカッスルにも0-5で敗れた時のことをね。誰もがチームが危機に陥ったと感じた。それはちょうど、今シーズンのリヴァプールとフルアムに敗戦した状

ページ 1 / 5 次へ »