登録
ようこそ 
登録情報を変更する




マンチェスター・ユナイテッド専門ニュースサービス

ニュースカテゴリー
・・より検索
・・へ検索

特集

17/03/2009  Report by Stewart Gardner
ページ 1 / 2 次へ » 

ブログ:辛いのは皆一緒だ

MUTVのコメンテーターであるスチュワート・ガードナーが、辛かった一日を振り返る・・・・・・。

普通に考えて、ネマニャ・ヴィディッチは年間最優秀選手賞に値する活躍をしている

記録的な活躍をしたユナイテッドのディフェンス陣において、ヴィディッチは要となる活躍を見せていた。今シーズンは誰よりも試合数をこなし、7ゴールを奪っている。その中には、決勝点となったインテル戦とサンダーランド戦のゴールも含まれている。

僕らの最大の敵との一戦で、ヴィディッチが何度かミスを犯したことは実に不名誉だ。しかし、それによって彼の今シーズンの評価が下がるわけではない。

14日、ファンがむかむかしながらオールド・トラッフォードを後にしたことを、僕はわかっている。サポーターは、選手が同じように悔しい気分になっているのか不思議になることもあるだろう。試合の後にロッカールームへの通路でヴィディッチを見たが、頭を下げ、激怒した面持ちで、誰とも目を合わせなかったよ。心から傷ついていたみたいだった。僕はリオ・ファーディナンドにインタビューしたんだが、意気消沈を絵に描いたような有様だった。すぐに切り替えられる選手なんてほとんどいないんだ。ファンと同じように、選手も傷ついていることを忘れないで欲しい。

試合終了後、放送席から下に降りるまでの間に、「グッドラック! 僕だったら嫌だけどね!」と8人に言われた。

ページ 1 / 2 次へ »