登録
ようこそ 
登録情報を変更する




マンチェスター・ユナイテッド専門ニュースサービス

ニュースカテゴリー
・・より検索
・・へ検索

特集

06/09/2010 
ページ 1 / 2 次へ » 

ブログ:リザーブの1年

2つのカップ戦優勝、リーグ2位、そして多くの選手がファーストチームでデビューを果たした。オーレ・グンナー・スールシャールが監督として初めてリザーブチームを率いた今シーズンは、これからの明るい将来を予期させるものだと言って間違いないだろう。

今シーズンは私にとって新たな挑戦の1年だった。しかし、そのための準備ができていると感じていたし、良い経験になったと思う。実に楽しい1年だったよ。

初めて監督を務めることになったのがユナイテッドのリザーブチームだったから、環境に大きな変化はなかった。ガリー・ネヴィルやウェズ・ブラウンといった、何度か一緒にプレーしたことのある選手を試合に起用する機会もあった。楽しかったよ。才能あふれる若い選手たちを間近で見るのは素晴らしい経験だった。彼らの将来は約束されているようなものだ。我々は選手たちがそこにたどり着けるよう、ほんの少しのアドバイスをするだけなんだよ。

この仕事の中で最もうれしいことの1つは、若い選手たちがファーストチームの試合に起用されることなんだ。2008-09シーズンには多くの選手がファーストチーム・デビューを果たした。素晴らしいことだよ。彼らはみんな偉大な選手だ。目の前には素晴らしいキャリアが広がっている。ファーストチームの選手たちと一緒にプレーすることで、ステップアップする準備ができるんだ。

アレックス・ファーガソン監督は、選手たちの準備ができていることを理解している。そして、同時に窮地に陥る可能性があることもね。良いプロサッカー選手になれるように、日々練習を行っている。練習でいいプレーを見せて、私やウォーレン・ジョイスにアピールしようと選手たちは頑張っているんだ。我々もそれを見て、監督に準備のできている選手を教えるんだよ。

みんな素晴らしい選手たちなんだ。毎日の練習を楽しんでいる。私とジョイスは、彼らが優秀なプロ選手になれるように工夫してきた。そして、シーズンを通して大いに我々の期待に応えてくれたんだ。

監督としての1年目は非常に楽しかったよ。白髪は増えたけどね!

このブログの内容は著者の個人的な意見であり、必ずしもマンチェスター・ユナイテッドの意見を反映したものではありません。

【注目記事】
ギグスのサイン入りユニが当たる!
人数限定! ManUtd.jpオフィシャルツアー募集中
ユナイテッド キッズツアー参加者募集

ページ 1 / 2 次へ »