登録
ようこそ 
登録情報を変更する




マンチェスター・ユナイテッド専門ニュースサービス

ニュースカテゴリー
・・より検索
・・へ検索

特集

06/09/2010  Report by Dizza the Aussie
ページ 1 / 3 次へ » 

ブログ:補強よりも育成を

ManUtd.comの掲示板で、私は補強に関するたくさんの意見を読んだ。リベリー、カカー、メッシ、ベンゼマ、フンテラール・・・・・・みんなが口々にユナイテッドにはスーパースターとの契約が必要だと語っている。しかし、私は反対だ。

最近の財政状況以外にも補強は必要ないと考える理由が私にはある。ユナイテッドはピークを迎えている選手の補強ではなく、選手を育てて成功してきた歴史を持つチームなんだ。

デイヴィッド・ベッカム、ジョージ・ベスト、ボビー・チャールトン、ライアン・ギグス、ポール・スコールズ、ガリー・ネヴィルらは、オールド・トラッフォードの育成システムがいかに素晴らしいかということを体現している。そして、他のクラブから移籍してきたクリスチアーノ・ロナウドとウェイン・ルーニーの2人は、非常に若い時にユナイテッドにやってきた。アレックス・ファーガソン監督とコーチングスタッフ陣に鍛えられて、世界レベルの選手に成長したのだ。

高い期待に添えなかった選手の代表格といえば、フアン・セバスティアン・ベロンだ。アンドレイ・シェフチェンコ(ミランからチェルシーへ)、マイケル・オーウェン(レアル・マドリーからニューカッスルへ)、ロビー・キーン(トッテナムからリヴァプールへ)・・・・・・彼らはビッグプレーヤーの全盛期の移籍が大失敗に終わるという典型的な例だ。

ユナイテッドは伝統的に選手を育ててきた。そして、現在もワールドクラスに成りうる選手を多く抱えている。なぜサー・マット・バズビーはいつの時代も最も偉大な監督といわれるのだろうか。それは彼が若い選手たちを成長させ、成功を勝ち取ってきたからだ。ミュンヘンの悲劇が起きなければバスビー・ベイブスと呼ばれる選手たちはずっと最強のチーム

ページ 1 / 3 次へ »