登録
ようこそ 
登録情報を変更する




マンチェスター・ユナイテッド専門ニュースサービス

ニュースカテゴリー
・・より検索
・・へ検索

特集

「ポールの経験と試合をコントロールする能力は、我々にとって欠くことのできないものだ。フィールド上での彼のインテリジェンスは、本当に素晴らしい」
― アレックス・ファーガソン

この素晴らしいシーズンにおけるポールの貢献をどのように評価しますか?掲示板「トーキング・ユナイテッド」で語り合おう!

MANUTD.COM The Official Website

Please upgrade to the latest version of Flash Player
Once the new Macromedia Flash Player has been installed,
please revisit the site in a new browser window.

18 June 2009 
ページ 1 / 2 次へ » 

08-09レビュー:スコールズ

エネルギッシュなプレーを披露して、ユナイテッドに新たなタイトルをもたらしたポール・スコールズ。ただ、それらは彼にとって決して特別なことではない。

シーズンを振り返って:プレミアリーグ開幕の4試合で先発出場したが、敵地で行われたチャンピオンズリーグのアールボー戦で内側じん帯を損傷。約2カ月、戦線離脱を余儀なくされた。復帰後、アレックス・ファーガソン監督は「素晴らしい選手を獲得したかのようだ」とベテランの復帰を称えた。途中出場した際には、経験に裏づけされた安定したプレーで、試合を落ち着かせ、接戦の試合では切り札的な起用が多かった。ユナイテッドでの600試合目となったポーツマス戦では、正確なパスでマイケル・カリックのゴールを演出。節目の試合で好プレーを披露した。

ポジション:本職である中盤の深い位置でプレー。多くの得点を挙げることはできなかったが、依然として攻守の両面で重要な役割を担った。

今シーズンのハイライト:3-0でで勝利したフルアム戦での先制点。代名詞とも言えるミドルシュートで、健在ぶりをアピールした。ペナルティエリア手前からカリックのCKを右足で一閃。ゴールまで約25メートルの距離から放たれた強烈なボレーシュートがネットに突き刺さった。

ページ 1 / 2 次へ »