登録
ようこそ 
登録情報を変更する




マンチェスター・ユナイテッド専門ニュースサービス

ニュースカテゴリー
・・より検索
・・へ検索

特集

06/09/2010 

08-09レビュー:ナーニ

2008-09シーズン、ナーニの出番は決して多くはなかった。彼のポジションでは、多くの試合でパク・チソンが出場していた。しかし、ナーニは出番は多くなかったとしても重要な場面でしっかりと仕事をこなしている。彼のピークはまだ先だ。オールド・トラッフォードでの2シーズン目は厳しいものとなったが、この経験が必ず彼の役に立つことだろう。

シーズンを振り返って:デビューシーズンほど多くの試合に出場することができず、リーグ戦での先発出場は6試合にとどまった。他の選手の活躍で彼の出番は限られてしまい、大きな印象を残すことはできなかった。

ポジション:ロナウド同様、ナーニは左右の両方でウイングとして活躍し、得点を狙う選手だ。ウイングのポジションを自分のものにするためには、常に良いクロスを供給できるようにならなければならない。

今シーズンのハイライト:カップ戦では何度か鋭いゴールを決めている。途中出場したカーリングカップのダービー戦でのゴールは素晴らしいものだった。試合は4-2でユナイテッドが勝利している。プレミアリーグやチャンピオンズリーグでも同様の活躍をすることができれば、ユナイテッドにとって真の財産になるだろう。

ページ 1 / 2 次へ » 


厳しいシーズン

「パク・チソンは本当に素晴らしかった・・・・・・ほとんどナーニを寄せ付けなかったよ。ナーニにとって厳しいシーズンだった。しかし、ナーニは来シーズンもユナイテッドにとどまる。チームにとって彼の存在はプラスだよ」
― アレックス・ファーガソン監督

今シーズンのナーニについて、あなたはどう思いますか? 来シーズン、ユナイテッドにとってのナーニは、どれほど重要な存在でしょうか。掲示板「トーキング・ユナイテッド」で語り合おう!