登録
ようこそ 
登録情報を変更する




マンチェスター・ユナイテッド専門ニュースサービス

ニュースカテゴリー
・・より検索
・・へ検索

特集

「マケダが2年前、初めてユナイテッドに来たときに感じたのは、GKとの1対1の状況でのプレーが素晴らしかったということだ。試合において、そのような状況でもプレーできるということを彼は証明したね」

― アレックス・ファーガソン監督

マケダのシーズンの貢献についてどう思いますか? 『トーキング・ユナイテッド』で語り合おう!

MANUTD.COM The Official Website

Please upgrade to the latest version of Flash Player
Once the new Macromedia Flash Player has been installed,
please revisit the site in a new browser window.

26 June 2009 
ページ 1 / 2 次へ » 

08-09レビュー:マケダ

ユナイテッド率いる指揮官アレックス・ファーガソンは言う。「ユナイテッドには若く才能に溢れたストライカーがそろっている」2008-09シーズン、リザーブチームから昇格したダニー・ウェルベックに続き、イタリア出身の新鋭フェデリコ・マケダも強烈なインパクトを残した。

シーズンを振り返って:4月5日に行われたアストン・ヴィラ戦でデビューで初ゴールをマーク。ファーストチームで鮮烈なデビューを飾る6日前、マケダは敵地で行われたリザーブリーグのニューカッスル戦でハットトリックを記録し、シーズン通算8ゴールを決めた。足首の負傷を抱えていたディミタール・ベルバトフと出場停止のウェイン・ルーニーに代役としてアストン・ヴィラ戦でメンバー入り。ファーガソン監督にとって一種のギャンブルだったが、素晴らしい結果として表れた。

ポジション:フィジカルと高い足元の技術を備えディミタール・ベルバトフに似たプレースタイルと評されるが、ゴール前に侵入するストライカーらしい嗅覚も合わせ持つ。密集地帯も突破できるテクニックが売り。

今シーズンのハイライト:リーグ戦で2連敗を喫して向かえたアストン・ヴィラ戦、試合アは2-2のままロスタイムに突入。2位リヴァプールに追走されていたユナイテッドはゴ

ページ 1 / 2 次へ »