登録
ようこそ 
登録情報を変更する




マンチェスター・ユナイテッド専門ニュースサービス

ニュースカテゴリー
・・より検索
・・へ検索

特集

06/09/2010 

08-09レビュー:ハーグリーヴス

2008-09シーズン、オーウェン・ハーグリーヴスの先発出場は2試合に留まった。しかし新シーズン、彼はけがを克服して華麗な復活を遂げてくれるに違いない。

負傷に泣かされた今シーズン、オーウェン・ハーグリーヴスを表す言葉は、“フラストレーション”の一言に尽きる。

2008-09シーズン、ユナイテッドでの輝かしい未来を予感させるスタートを切ったハーグリーヴスだが、実際は非常に大きな苦痛を伴う1年となってしまった。

今シーズン、ハーグリーヴスは2度のひざの手術を受けた。エネルギッシュなプレー、強烈なタックル、そして正確なパス、万能性に優れた彼の離脱は大きな痛手となったのである。とりわけ、上位チーム相手の試合では、それが顕著に表れた。

結果的にいずれも敗れたが、アウェーでのリヴァプール戦と、アーセナル戦にハーグリーヴスがフル出場を果たしていれば、試合は変わっていたかもしれない。2007年12月にアンフィールドで行われたリヴァプール戦でMVP級の活躍を見せ、2008年にオールド・トラッフォードで行われたアーセナル戦では、素晴らしいゴールを決めていた。

リチャード・ステッドマン医師が、ハーグリーヴスの腱炎を完璧に回復させるよう祈ろう。そして、1つだけ確かな

ページ 1 / 2 次へ » 


ハーグリーヴスの08-09シーズン出場試合

2008年9月13日 リヴァプール 2-1 ユナイテッド
2008年9月17日 ユナイテド 0-0 ビジャレアル
2008年9月21日 チェルシー 1-1 ユナイテッド

「こういった手術は100パーセント成功するわけではない。しかし、成功すればハーグリーヴスは新しい選手となって帰ってくるだろう」
― アレックス・ファーガソン監督

ハーグリーヴスの来シーズンは? 掲示板『トーキング・ユナイテッド』で意見を交わそう!