登録
ようこそ 
登録情報を変更する




マンチェスター・ユナイテッド専門ニュースサービス

ニュースカテゴリー
・・より検索
・・へ検索

特集

06/09/2010 

08-09レビュー:フレッチャー

ダレン・フレッチャーは非常に謙虚な性格で、先発メンバーに自身の名前があることを期待していないという。しかし、2008-09シーズンはビッグゲームでの活躍だけでなく、多くの試合にセントラルMFとして出場した。

シーズンを振り返って:8月を思い返せば、フレッチャーがプレミアリーグのタイトル防衛にどれほど貢献していたかがわかる。ニューカッスル戦とポーツマス戦で得た勝ち点は、フレッチャーの今シーズン1ゴール目と2ゴール目のおかげだ。フレッチャーのシーズン3度目のゴールは、10月にグディソン・パークで生まれた。このゴールもユナイテッドに勝ち点1をもたらした。それはフレッチャーの疲れを知らない走り、完璧なチェイシング、前に行く気持ちがあってこそのゴールだった。

ポジション:シーズンの初旬にはユーロ2008での負傷でロナウドが欠場を続けていたこともあり、フレッチャーは右サイドでのプレーを求められた。このポジションは、2003-04シーズンにデイヴィッド・ベッカムが退団した後に務めていたポジションでもある。しかし、ロナウドが復帰してからは、フレッチャーが得意とする中央低めのポジションに戻り、カリックやギグス、ポール・スコールズ、アンデルソンと共に、そのポジションでのプレーを楽しんでいた。

今シーズンのハイライト:オールド・トラッフォードにチェルシーを迎えた試合の翌日の新聞の見出しを独占したのはギグスだった。だが、この試合でフレッチャーが見せた素晴らしい動きと創造性は

ページ 1 / 2 次へ » 


大切な存在

「チームにはフレッチャーのような選手が必要だ。ファンに気づかれないことも多いが、誰よりもチームメートが、彼の重要性を深く理解しているんだ」
― サミー・マッキルロイ(元ユナイテッドFW)

2009-10シーズン、あなたはフレッチャーをどう起用する?
掲示板『トーキング・ユナイテッド』で語り合おう!