登録
ようこそ 
登録情報を変更する




マンチェスター・ユナイテッド専門ニュースサービス

ニュースカテゴリー
・・より検索
・・へ検索

特集

06/09/2010  Report by James Tuck
ページ 1 / 2 次へ » 

Q&A:ツアーを待ち望むギル

アジアツアーを前に、チーフエグゼクティブのデイヴィッド・ギルが意気込みを語っている。

クラブにとってピッチ内外を含めてこのアジアツアーはどれほど重要なのでしょうか?
新選手が新シーズンに向けてユナイテッドに馴染む為が必要だし、アレックス・ファーガソン監督、マイク・フェランと多くの時間を共にして、設備や遠征、休養のために必要なことについて理解を深めることができる。

アジアのファンは間違いなくクラブに潤沢な資金をもたらしてくれる。ツアーでのリスクを考えても釣り合いが取れるほどのね。ほとんどの選手は何年もこのクラブで過ごしている。彼らはプロフェッショナルで、ツアーの重要性を十分に理解している。確かに長距離の遠征になることは無視できない事実だが、観客たちは間違いなく金銭面でユナイテッドを支援してくれることになるだろう。

2007年のアジアツアーで日本、韓国、中国に訪れましたが、その時の思い出は? また、あのアジアツアーは成功したと思いますか?
楽しかったよ。何もかもが一緒に合わさったツアーだった。日本は他のアジアのマーケットと比べて控えめだったが、昨年12月のクラブワールドカップでは大きなサポートを受けたよ。韓国ではFCソウル戦のチケットが早々に売り切れ、負傷の影響でパク・チソンが出場できなかったにも関わらず、彼への称賛の声はすさまじいものだった。彼を特集した映像をビッグスクリーンで流した時の観客の興奮といったらすごかったよ。マカオ訪問は夢のようだった。我々6~70人のために、2000室以上の規模のホテルを貸し切ったんだ。選手にとってはバカンスにもなったんじゃないかな。中国は面白かったよ。新しいスタジアムで試合ができた。つまり、総じて無条件でツアーは素晴らしいものだったということさ。

アジアでのユナイテッドの歓迎振りはいつも素晴らしいものがあります。
警護なしではホテルから出られないんだ。ものすごい人数のファンがホテルの外で待っているからね。空港到着時は本当にすごい時間になる。すさまじい数のファンが“ルーニー愛してる”とか“オシェイ愛してる”とか誰かの名前を書いたボードを持って詰め掛けているんだよ。すごいことだよ。選手を一目見るだけに、準備をして到着を待っているんだ。

前のツアーである空港に着いた時、ターミナルを歩いているとファンと同じように空港の職員が興奮しながら写真を撮るために待っていたんだ! 最初から最後まで気の抜けない、ファンのためのツアーだったよ。

ページ 1 / 2 次へ »