登録
ようこそ 
登録情報を変更する




マンチェスター・ユナイテッド専門ニュースサービス

ニュースカテゴリー
・・より検索
・・へ検索

特集

18/09/2012  Report by Caroline Hunt
ページ 1 / 3 次へ » 

ブログ:ビッグベン、守護神へ

ベン・フォスターが新たに4年の契約を結んだ。キャロライン・ハントはユナイテッドのイングランド人GKがステップアップする時が来たと語った。

4年前にストークから加入したベン・フォスターは耐えなければならなかった。しかし、いつしか脚光を浴び、イングランド代表に選出されるようになった。そして今、クラブと代表の将来を照らす新しい光となった。

負傷により数試合を欠場こともあったが、フォスターがユナイテッドで成功するのは間違いないと思われていた。

そして、実際にそうなる日がすぐ来るだろう。ユナイテッドの背番号1を背負っている現在の正GKが次のシーズンでの引退を表明したことにより、若手イングランド人GKにチャンスが訪れるはずだ。異なる見方をすれば、それは落胆すべきことなのかもしれない。ファビアン・バルデスやティム・ハワードのような選手たちもいたが、ペーター・シュマイケルのように活躍した最初の選手は、エドウィン・ファン・デル・サールだろう。

フォスターが結んだ新しい契約と、彼がエドウィンの「真の後継者」であるというアレックス・ファーガソンのコメントは、まだ26歳である若いGK、ベン・フォスターの将来が明るいことを意味している。

ユナイテッドには珍しく、控えGKが監督に認められているのだ。フォスターはどの点から見ても本物だ。ファン・デル・サールの代役として問題ないだろう。

ページ 1 / 3 次へ »