登録
ようこそ 
登録情報を変更する




マンチェスター・ユナイテッド専門ニュースサービス

ニュースカテゴリー
・・より検索
・・へ検索

特集

22/01/2009 

注目選手:スコールズ

12月、すでにイングランドとヨーロッパの王者になっていたユナイテッドに、新たに世界王者というタイトルが加わった。ひざの負傷で2ヶ月間戦線を離れていたポール・スコールズの復帰は、ハッピーだった12月の単なるおまけと見なすこともできる。

しかしタイトル獲得の懸かったシーズン後半に挑むユナイテッドにとって、スコールズの復帰はもっと重大なニュースであると、彼のアカデミー時代のコーチであるエリック・ハリソンは確信している。今シーズン同様、長期離脱を強いられていた昨シーズンは2008年の1月にチームに復帰すると、スコールズは5月にチャンピオンズリーグで優勝するまで、チームに多大なる貢献をしたのだ。

1994年の秋にデビュー戦となったコカ・コーラカップ(現在のカーリングカップ)のポート・ヴェイル戦で得点して以来、スコールズはユナイテッドにとって非常に重要な得点源になった。ハリソンは、自身の輝かしい育成キャリアを思い出してもスコールズの特別なクオリティは他に類を見ないと高く評価している。

「スコールズはプレミア史上最も素晴らしいMFの1人だ。ほかの選手たちや監督も同意するだろうね」と、ハリソンは語った。彼は1990年代初頭のアカデミーで、ライ

ページ 1 / 3 次へ » 


「他にも沢山のスターたちがチームにはいたんだが、スコールズは常に観衆の注目の的だった。人々はスコールズのプレーを見るためだけに練習場まで車で駆けつけたんだ。彼が決めたゴールはどれも本当に見事なものだったよ」

― エリック・ハリソン