登録
ようこそ 
登録情報を変更する




マンチェスター・ユナイテッド専門ニュースサービス

ニュースカテゴリー
・・より検索
・・へ検索

特集

10/06/2013 
ページ 1 / 4 次へ » 

ロナウド週間:徹底分析

もちろん既に分かっていたことだが、この評価は決して揺るがない。世界一のサッカー選手が、ユナイテッドでプレーしているのだ。

輝かしい2008年に主な個人賞を全て受賞したクリスチアーノ・ロナウドは、異論なき大本命として、2009年2月の初旬にチューリッヒでFIFA年間最優秀選手賞を受賞した。
もちろん、バルセローナのリオネル・メッシが受賞するのではないかという噂もあったが、サッカーを良く知る専門家は、FIFPro年間最優秀選手賞、PFA年間最優秀選手賞を受賞したロナウドにその栄冠を与えることを選んだ。サー・ボビー・チャールトンは「クリスチアーノが受賞するべきだ」と断言した。「ロナウドは、世界で一番オールラウンドな選手だよ」と言ったのはフランツ・ベッケンバウアーだ。また、“皇帝”ベッケンバウアーと同じドイツ出身であり、バロン・ドールの受賞者でもあるローター・マテウスは「ドイツにロナウドのようなスーパースターは存在しないのは寂しいことだ」と嘆いた。

受賞式では、多くの着飾った出席者の中で、白いシャツと黒いタイという控えめなスーツを身にまとったロナウドが輝きを放っていた。彼は自信に満ちた大また歩きでオペラハウスの壇上に上がり、ペレからトロフィーを受けとった。「素晴らしい瞬間だよ。とても特別な瞬間だ。友人、家族、チームメートにお礼を言いたい。僕の人生の中で、最も大切な瞬間の1つだよ」と、ロナウドは語った。だが、新たな年は訪れ、ロナウドはこれからの1年間で手にしたタイトルを守らなければならないのだ。マデイラからやってきたこの魔術師が、世界を支配することになるのか。ロナウドについて徹底的に分析してみた。

1.折れない心
その輝かしい才能を打ち負かそうと、すべての試合において相手チームの選手が挑んでくるが、ロナウドは簡単にそれを受け流し、決してくじけることはない。「感心するよ。ロナウドの勇気は想像を超えている」と、サー・アレックス・フ

ページ 1 / 4 次へ »