登録
ようこそ 
登録情報を変更する




マンチェスター・ユナイテッド専門ニュースサービス

ニュースカテゴリー
・・より検索
・・へ検索

特集

05/02/2009 

象徴的選手:ギグス

オフィシャルマガジン『インサイド・ユナイテッド』が、1992年から2009年の期間から選んだ、クラブの象徴的な選手。第4位はライアン・ギグスだ。サー・ボビー・チャールトンが、ギグスを初めて見た日から、チャールトンの持つユナイテッドでの出場記録を更新するまでのことを話してくれた。

なんていう選手だろう! 私が初めてギグスを見たのは、サー・アレックス・ファーガソン監督が、学校が休みの間に行われるトライアルを見に来るように私に頼んだ時だった。その時、彼は15歳だった。私がトライアルの場所に到着したとき、10試合が行われていた。私が監督に会うために道を横切ろうとしていたとき、痩せた少年が相手チームのDFを手玉に取っていることに気がついた。彼は素晴らしいゴールでチームを牽引していたんだ。そのとき私は「おお、なんて素晴らしいんだろう!」と思った。

私は、その小さな少年のことを監督に尋ねた。すると監督は「ライアン・ウィルソンだよ。彼とは今朝、契約したんだ」と言った。私は監督と話している時でさえ、その少年が試合で見せていたプレーが魔法のように思えたよ。

ギグスと出会ったその日以来、彼はユナイテッドにとって素晴らしい模範となった。彼は小さな問題も起こさなかった。彼はユナイテッドに対して素晴らしい貢献を見せ、誰

ページ 1 / 3 次へ » 


5人の象徴的選手

『インサイド・ユナイテッド』のスタッフが1992年から2009年までの期間から、5人の象徴的な選手を選びましたが、何人もの伝説的名選手がいたため、作業は非常に困難を極めました。

今週、順番に5人の“象徴”を紹介していきます。
初日は、第5位のオーレ・グンナー・スールシャールからスタートしました。毎日更新していくので、チェックしてください。

この“象徴的選手”特集は、2月4日発売の『インサイド・ユナイテッド(英語版)』200号スペシャルでも見ることができます。