登録
ようこそ 
登録情報を変更する




マンチェスター・ユナイテッド専門ニュースサービス

ニュースカテゴリー
・・より検索
・・へ検索

特集

06/02/2009 

象徴的選手:カントナ

誰もが愛するフランス人は、リーズからユナイテッドに加入し、このクラブに変革をもたらした。歌手のピート・ボイルは、彼が我々に与えた影響の大きさを思い出させる・・・・・・

カントナがユナイテッドに加入する以前にも、憧れの選手はいた。だけど、彼よりクールな選手は誰一人としていなかった。彼こそが真のスーパースターだ。しかし、マンチェスターの街に出れば、彼に出会うことは珍しいことではなかった。私は、彼が手首を負傷してQPR戦を欠場していた時に、一度パブで会ったことを覚えている。彼は友達とフーズボールを楽しんでいたよ。とても親しみやすい選手だった。

そして、僕らは音楽やアートについて語り合ったんだ。彼は同じ年代の他の選手とは異なり、マンチェスターの音楽シーンを気に入っているようだった。それが本当に嬉しかったんだ。聞いたことがあるかもしれないけど、リー・シャープはTLCの曲が好きだ、なんて話をした。その他にも会ったことのある選手はいるよ。だけど、エリックみたいに僕をうならせるような選手はあまりいなかった。実際、あのカントナのようなオーラをもっているのはただ1人、サー・アレックス・ファーガソン監督だけだろう。また、ピッチ上での“特別な瞬間”は、彼がユナイテッドと契約する前に訪れた。彼はリーズのために、オールド・トラ

ページ 1 / 3 次へ » 


5人の象徴的選手

『インサイド・ユナイテッド』のスタッフが1992年から2009年までの期間から、5人の象徴的な人物を選びましたが、何人もの伝説的名選手がいたため、作業は非常に困難を極めました

第5位 オーレ・グンナー・スールシャール
第4位 ライアン・ギグス
第3位 ロイ・キーン
第2位  エリック・カントナ

6日にはついに第1位が発表されます。
お見逃しなく!