登録
ようこそ 
登録情報を変更する




マンチェスター・ユナイテッド専門ニュースサービス

ニュースカテゴリー
・・より検索
・・へ検索

特集

21/02/2009 
ページ 1 / 3 次へ » 

注目選手:オシェイ

ユナイテッドのファーストチームで、ジョン・オシェイほど多くのポジションでプレーした選手はいない。1998年8月に練習生として入団して以来、オシェイはサイドバック、センターバック、守備的MF、時にはストライカーもこなし、大きなフィジカルを生かしてGKを務めたこともあった。

チーム一の万能型であるオシェイが、近頃、最も輝きを放っているポジションは2002-03シーズンに彼がファーストチームで大活躍した左サイドバックである。

今シーズン、左サイドバックの1番手であるパトリス・エヴラが4試合の出場停止と負傷の影響で1カ月近く戦線から離脱。出場停止明けのチェルシーとのシーズン2度目の対戦の際、アシストを記録した直後に負傷したのだ。サー・アレックス・ファーガソン監督は動揺したに違いない。エヴラに比肩する左サイドバックの代役が、チームにいなかったからだ。

しかし、オシェイが活気溢れるプレーでエヴラ不在の穴を見事に埋め、連続無失点記録達成にも大きな役割を果たしたのである。

以前、ユナイテッドに所属していたDFで、現在はMUTVで解説を務めるゴードン・マックイーンは、各ポジションの1番手でではないとしつつも、どのポジションで起用されても水準以上のプレーを見せるオシェイを高く評価し、チームにおける彼の存在の重要性に注目している。

ページ 1 / 3 次へ »