登録
ようこそ 
登録情報を変更する




マンチェスター・ユナイテッド専門ニュースサービス

ニュースカテゴリー
・・より検索
・・へ検索

特集

16/02/2009  Report by Adam Bostock
ページ 1 / 3 次へ » 

ブログ:監督インタビューの裏側

サー・アレックス・ファーガソン監督と、マンツーマンのインタビューが実現するなんて大変に名誉なことだ。しかしインタビューを行ったManUtd.comの編集者、アダム・ボストックは、インタビュー前に憂うつになっていたようだ。

月曜日の午前9時。仕事をする多くの人にとっては、長い1週間の始まりを告げる不吉な時刻だ。

今週の月曜9時に、僕はいつも以上に不安になっていた。
仕事:カーリントンで、サー・アレックス・ファーガソン監督にインタビュー
時間:1月19日月曜日午前9時
締め切り:可能な限り早く

月曜の朝、僕は週末が終わったことを自分自身に認識させるため、何とかベッドから這い出て、僕は慎ましい住まいを出発した。そしてラッシュアワーの中、安全でスムーズに行くことができるよう交通の神に祈りながら、約30キロメートル先のマンチェスター・ユナイテッドの練習グラウンドへ向かった。彼に会う人はたいてい、彼のトロフィー・コレクションに対する尊敬の念と同様に、万が一、遅刻してしまった場合の監督の対応について恐れる。きっと、僕には悲しい運命が待ち受けていただろうって? でも僕は、素晴らしいヘア・ドライヤーのおかげで、興奮するほど記録的な速さでシャワーを終えられたんだ・・・・・・。

僕の祈りは神に届いた。普段のラッシュアワーと比べても、むしろ快適な通勤だった。しかし、30分早くカーリントンに着いたことで、さらに緊張が高まり、僕は質問事項を何度もチェックした。僕は緊張から受付の周りを大またで歩き回り、アリゾナの最も乾燥した日であるかのごとく水を何杯も飲み干したんだ。

ページ 1 / 3 次へ »