登録
ようこそ 
登録情報を変更する




マンチェスター・ユナイテッド専門ニュースサービス

ニュースカテゴリー
・・より検索
・・へ検索

特集

26/02/2009  Report by Matt Burton
ページ 1 / 3 次へ » 

ブログ:モウリーニョを黙らせよう

ユナイテッドファンのマット・バートンは、ユナイテッドのポテンシャルを信じている。

ユナイテッドがインテル戦で引き分けたことを、過去のチャンピオンズリーグの対戦を振り返って分析してみよう。
ジュゼッペ・メアッツァで行われた第1戦でスコアレスドローに終わったユナイテッドは、2週間後にオールド・トラッフォードで行われる第2戦で、勝利が必要となった。第1戦の0-0という結果は、ユナイテッドのチャンピオンズリーグでの長年の歴史を振り返ると、様々な運命をもたらす可能性があることがわかる。

インテル戦での引き分けで、ユナイテッドはチャンピオンズリーグでの試合で20戦無敗という記録を打ち立てた。インテル戦では前半を支配していただけに、ゴールを挙げられなかったのは、不満に感じるかもしれない。チャンスを多く作り出していたユナイテッドは、インテルに勝利できたかもしれないからだ。

試合後、前半にユナイテッドに押されてしまうことになったのは審判の偏った判定のせいだと主張した。決してそんなことはなかったのは明らかだ。第2戦においてユナイテッドはゴールを奪わなければならないプレッシャーに襲われるだろうか?

サー・アレックス・ファーガソン監督は、第1戦でのアウェー戦において、ゴールを奪えなかったことがどのような影響を与えるかを理解しているはずだ。

1997-98シーズンのチャンピオンズリーグ準々決勝、モナコ戦では第1戦で0-0の引き分けに終わった。第2戦で十分勝利できると考えられていたが、ダヴィッド・トレゼゲの18メートル程の距離から放たれた驚きのシュートで1

ページ 1 / 3 次へ »