登録
ようこそ 
登録情報を変更する




マンチェスター・ユナイテッド専門ニュースサービス

ニュースカテゴリー
・・より検索
・・へ検索

特集

27/02/2009  Report by David Stowell
ページ 1 / 2 次へ » 

ブログ:夢の舞台、ウェンブリー

ウェンブリーでの決勝でプレーすることは、すべてのサッカー少年の夢だ。しかし、ユナイテッドの若手選手のうち何人かは、3月1日のカーリングカップ決勝で早くもこの夢を実現することになるかもしれない。

僕も若いころには、ウェンブリーのツインタワーの下でプレーすることを夢見ていた。残念ながら、才能がなくて夢のままになってしまったけどね。それでも、ウェンブリーの一番高い所からマイクを片手に(もちろん、新設されたウェンブリーアーチの下でだけど)新たなイングランドサッカーの聖地で対戦することになる、伝統あるクラブ同士の試合を解説できるのはとてもうれしいことだ。

もちろん、僕は見たままを解説するしかない。ユナイテッドの若手選手たちは、カーリングカップ決勝で力を発揮することができるだろうし、10代にして歴史に名を残すことができるわけだ。

監督はすでにダーロン・ギブソンが先発予定だとMUTVで発表している。ギブソンはカーリングカップの5試合すべてに出場している。チームを決勝に導いたプレーヤーの一人として、決勝にも出場するチャンスを与えられて当然だろう。ダービー戦の第1戦で好パフォーマンスを発揮し、賞賛されたのはギブソンだけだった。ラファエウ・ダ・シウヴァ、アンデルソン、ナーニもここまでの全5試合に出場しているから、けがさえしなければ1日の決勝戦にも出場することになるだろう。開幕当初、この大会で注目を集めていたダニー・ウェルベックとジョニー・エヴァンスは、今では全大会で勝ち残っているユナイテッドのファーストチームに欠かせない存在となっている。

ページ 1 / 2 次へ »