登録
ようこそ 
登録情報を変更する




マンチェスター・ユナイテッド専門ニュースサービス

ニュースカテゴリー
・・より検索
・・へ検索

特集

クリスチアーノ・ロナウド

ポジション:FW
契約日:2003年8月13日
移籍日:2009年7月1日
10年間の出場試合数:292試合
10年間のゴール数:118得点

獲得タイトル
クラブワールドカップ:2008年
チャンピオンズリーグ:2007-08シーズン
プレミアリーグ:2006-07シーズン、2007-08シーズン、2008-09シーズン
FAカップ:2003-04シーズン
カーリングカップ:2005-06シーズン、2008-09シーズン
コミュニティーシールド:2007年

MANUTD.COM The Official Website

Please upgrade to the latest version of Flash Player
Once the new Macromedia Flash Player has been installed,
please revisit the site in a new browser window.

30 December 2009  Report by Nick Coppack
ページ 1 / 2 次へ » 

名選手:ロナウド

その研ぎ澄まされたスキルとプレーのエンターテイメント性の高さから、クリスチアーノ・ロナウドは2000年以降のユナイテッド選手の中でも最高の切り札と言うべき存在だった。

将来有望な17歳の若手選手としてスポルティングから移籍してきたロナウドは、オールド・トラッフォードでの6年間で見事、世界最高の選手へと成長を遂げた。驚異的なスピードに恵まれ、DFたちの圧力に立ち向かう勇敢さや、数え切れないほどのトリックテクニック、また、尋常でなく鋭いゴールへの感性を兼ね備えた選手であったロナウドは、最後の2シーズンで68ゴールを記録している。彼は完成されたFWだった。あれほどまでにユナイテッドファンを熱くさせた選手はジョージ・ベストやエリック・カントナ以来だと言って良いだろう。

彼の試合への影響力は計り知れないものがあり、調子の悪い時でさえ、しばしば2ゴール以上を決めていた。そして、ここぞと言う時に素晴らしいゴールを決めてくれる、頼れる存在でもあった。レアル・マドリーへと移籍するまでに、彼はユナイテッドで9度の優勝を経験し、数多くの個人賞も受賞している(バロンドール、FIFA年間最優秀選手賞、ゴールデンブーツ賞、PFA年間最優秀選手賞を含む)。

ページ 1 / 2 次へ »