登録
ようこそ 
登録情報を変更する




マンチェスター・ユナイテッド専門ニュースサービス

ニュースカテゴリー
・・より検索
・・へ検索

特集

1982-83 OTでの記録

リーグ戦:21試合 14勝7分 得点39 失点10
FAカップ:2試合 2勝 3得点 得点3 失点0
リーグカップ:5試合 5勝 得点14 失点2
UEFAカップ:1試合 1分 得点0 失点0
全試合:29試合 21勝8分 得点56 失点12
18/01/2010  Report by Steve Bartram

OT100:ホーム29試合無敗

1982-83シーズン、オールド・トラッフォードで28試合無敗という記録を打ち立てていたユナイテッドは、その記録をさらに伸ばすべくルートンと対戦することになった。

背景:1982-83シーズン、ユナイテッドはオールド・トラッフォードで驚異的な成績を残していた。リーグ戦で無敗を維持していたことに加え、FAカップでは優勝。リーグカップでも、ホームで負けることなく決勝に進出を果たした。さらには、UEFAカップのバレンシア戦でも引き分けて、ホームでの成績を20勝8分としていた。オールド・トラッフォードで絶大なる強さを見せていたユナイテッドは、シーズンのホーム最終戦でルートンと対戦することになった。

出来事:ルートンが相手ということもあり、誰もがユナイテッドの勝利を信じて疑っていなかった。ポール・マクグラスが、ユナイテッドのキャリアにおいて最初で最後となる1試合2ゴールを達成。さらに、得点ランキングでトップに立つフランク・ステイプルトンもシーズン18ゴール目となる得点を決めて、ユナイテッドが快勝し、偉大な記録に花を添えた。

その後: ユナイテッドは、トッテナムとノッツ・カウンティーに敗れて1982-83シーズンの幕を下した。リーグ戦と平行して行われていたFAカップで決勝に進出していたユナイテッドは、ウェンブリーで2試合の決勝戦を戦った。3月に開催されたリーグカップの決勝では、リヴァプール相手に延長の末、敗れてしまったが、FAカップの決勝ではブリントンを下した。