登録
ようこそ 
登録情報を変更する




マンチェスター・ユナイテッド専門ニュースサービス

ニュースカテゴリー
・・より検索
・・へ検索

特集

FAカップ決勝 再試合
1970年4月29日、オールド・トラッフォード

チェルシー 2
(78分 オスグッド、104分 ウェブ)

リーズ・ユナイテッド 1
(35分 ジョーンズ)

観客:62078人

18/01/2010  Report by Steve Bartram

OT100:伝統のカップ戦

1970年のFAカップ決勝で、延長戦を戦っても決着がつかなかったチェルシーとリーズ・ユナイテッドは、その18日後にオールド・トラッフォードで再試合を行うことになった・・・・・・

背景:ホース・オブ・ザ・イヤー開催のため、再試合日の1週間前に、本来の決勝の地であるウェンブリーの芝は砂で覆われてしまった。しかし、このウェンブリーでの決勝は、非常にスリリングで見ごたえのある試合だった。リーズの2度のリードはチェルシーに打ち消され、120分もの長時間を戦っても両者の勝敗は決しなかった。このため、再試合がオールド・トラッフォードで開催されることになったのだが、ウェンブリー以外で決勝が行われるのは実に1923年以来のことだった。

当時:アラン・クラークがドリブルで駆け上がり、ミック・ジョーンズの先制ゴールをアシスト。ジョーンズの強烈なシュートがネットを揺らしたのは、ハーフタイム10分前だった。その後もリーズが主導権を握り続けたが、残り10分を切ったところで、チェルシーはチャーリー・クックのクロスにピーター・オスグッドがダイビングヘッドで合わせてネットを揺らし、再び同点に追いついた。両チームとも一歩も譲らず、またしても試合は延長戦にもつれ込んだ。しかし、イアン・ハッチソンがスローインで高くボールを上げると、これが不意を突かれたジャック・チャールトンに当たって右サイドバックのデイヴィッド・ウェブの目の前へ。ウェブがこれを押し込み、ついにチェルシーが長い戦いに終止符を打ったのだった。

その後:チェルシーはこれで初のFAカップ優勝を果たしたが、2年後にリーズも決勝でアーセナルを下して優勝トロフィーを手にした。FAカップ決勝はその後、改築工事が行われる2000年まで、ウェンブリーで開催された。この改築工事が始まってから6年間は、カーディフのホームスタジアムであるミレニアム・スタジアムが決勝開催地になった。