登録
ようこそ 
登録情報を変更する




マンチェスター・ユナイテッド専門ニュースサービス

ニュースカテゴリー
・・より検索
・・へ検索

特集

01/12/2009  Report by Steve Bartram
ページ 1 / 2 次へ » 

OT100:悲劇の後

オールド・トラッフォードで行われたノッティンガムとのファースト・ディヴィジョンの試合は悲しみに包まれていた。なぜなら、試合前にミュンヘンの悲劇により命を落とした犠牲者の追悼式が行われていたからだ・・・・・・

背景:犠牲者に対する追悼式の前日、犠牲者は22人から23人に増えてしまった。ミュンヘンの悲劇で生き残った1人であり、驚異的な力で負傷と戦っていたダンカン・エドワーズが、2月21日にこの世を去ったのだ。このため、ノッティンガムが到着した時は、暗い影がオールド・トラッフォードを包んだ。

出来事:エドワーズの遺体はミュンヘンからロンドンに移され、その他の犠牲者とともに、オールド・トラッフォードで弔われた。スタジアムには6万6124人の観衆が集まり、追悼式と試合をその目に焼き付けた。また、スタジアムに入れなかった何千もの人々も周囲に集結。犠牲者たちを偲んだ。当時の新聞によれば、試合はユナイテッドのキックオフで始まり、ユナイテッドの選手たちは、リーグ3連覇に向けて、しっかりとした戦いを見せたとのことだ。この3日前、暫定的にユナイテッドの指揮を執っていたジミー・マーフィーに率いられたチームは、シェフィールド・ウェンズデーを3-0で退ける戦いを披露。左ウイングのポジションでプレーしたスチュワート・イムラハのゴールによりリードを奪われたノッティンガム戦でも、ユナイテッドの選手たちは試合の主導権を握ったようだ。そして、攻勢を強めたユナイテッドは、アレックス・ドーソンのゴールで同点に追いつくことに成功する。

その後:ユナイテッドは、その後のリーグ13試合中、2-1で試合を終えたサンダーランド戦の1試合でしか勝利することができなかった。そして、順位を急落させたユナイテッドは9位でリーグ戦を終える。タイトルを獲得したのはウォルヴァー

ページ 1 / 2 次へ »