登録
ようこそ 
登録情報を変更する




マンチェスター・ユナイテッド専門ニュースサービス

ニュースカテゴリー
・・より検索
・・へ検索

特集

リチャード・ホーキンス

国籍:英国
ユナイテッド加入:2008年3月
08/01/2010 

コーチ紹介:ホーキンス

2008年にユナイテッドに加入したパフォーマンス・コーチのボス、リチャード・ホーキンスは、以前イングランド・サッカー協会(FA)やウェスト・ブロムウィッチでも仕事をしたことがある。

ホーキンスはラフバラー大学にて7年をかけてスポーツ科学の修士号と博士号を取得し、同大学を卒業したフィットネスコーチのトニー・ストラドウィックより1年前に卒業。リルシャールにあるFAのスポーツ科学センターの副校長に就任した。

そこでイングランド代表チームに向けたスポーツ科学プログラムの実践を始め、クラブやアカデミーを通じて育成の調査をし、8年間に渡ってコーチへの教育を行った。

2005年の初旬、ホーキンスはブライアン・ロブソン率いるウェスト・ブロムウィッチにコンディショニングコーチとして加入する。そこで2シーズンを過ごし、2007-08シーズンの始めにシェフィールド・ユナイテッド監督に就任したロブソンを追って退団。しかし、シェフィールド・ユナイテッドでの在任期間は短く終わり、そのシーズンが終わる前に彼はユナイテッドに加入したのだった。

ユナイテッドでは、大学時代からの友人でありFAでも共に仕事をしたストラドウィックと再会した。ストラドウィックは持ち前のリーダーシップでユナイテッドのスポーツ科学部門の発展に大いに寄与している。他にも多くのコーチングスタッフと馴染みがあったホーキンスは、すぐにカーリントンに馴染むことができた。


【他のコーチの記事を読もう!】
ミック・フェラン
マイク・クレッグ
オーレ・グンナー・スールシャール
エリック・スティール