登録
ようこそ 
登録情報を変更する




マンチェスター・ユナイテッド専門ニュースサービス

ニュースカテゴリー
・・より検索
・・へ検索

特集

オーレ・グンナー・スールシャール

国籍:ノルウェー
コーチキャリアスタート:2008年6月2日
08/01/2010 
ページ 1 / 2 次へ » 

コーチ紹介:スールシャール

オーレ・グンナー・スールシャールはリザーブチームの監督を務めている。おそらく、彼はユナイテッドのコーチ陣の中で、最も知名度がある人物と言えるだろう。

オーレ・グンナー・スールシャールは、ユナイテッドで10年間に渡って活躍し、366試合に出場して126ゴールを挙げ、15ものタイトルを獲得して名声を得た。スールシャールと言えば、1999年のチャンピオンズリーグ決勝でのゴールが有名だ。そして、献身的なプレーと暖かい人柄も重なって彼はユナイテッドの伝説となった。

スールシャールは、深刻なひざの負傷で手術を避けられない状況となり、現役引退を余儀なくされた。だが、アレックス・ファーガソン監督はスールシャールの指導者としての活躍に期待したのだ。

フィニッシャーとして周囲に認識されていた現役時代のスールシャールが、ユナイテッドの選手を優秀なFWに育てる仕事に就いたのは当然の流れだった。

そして2008年、コーチングライセンスを取得したスールシャールに対し、ファーガソン監督はリザーブリーグの監督という職を与えたのだった。

これを受け、スールシャールは以下のように語った。「素晴らしいチャレンジだ。より責任のある仕事が必要だと感じていたんだ。これは私にとって良いステップになるはずだ。重要な仕事だが、素晴らしい仕事だよ。私は今ハングリー精神を持っている。今後の目標と合致する仕事だ」

リザーブチームを率いた最初のシーズンで、スールシャールは成功を収めた。ユナイテッドは、リザーブリーグで2位に輝いただけではなく、マンチェスター・シニア・カップとランカシャー・シニア・カップで優勝を果たしたのだ。

ページ 1 / 2 次へ »